夏の幻

夏の幻

GARNET CROW

部屋の窓の向こうに

飛行機雲を なぞって

今日ケンカした君の事ばかり

考えてた

些細な事で戸惑って

不安定で無防備な

あの頃のように すぐに電話して

笑い合えたらいいのにね

 

近づいて来る 至福の時は

痛みを伴いながら足音をたてる

考えすぎて深みにハマる

君の傍にいるのに

 

夏の幻

瞳閉じて一番最初に君を思い出すよ

いつか終わる儚い生命(ユメ)に

ただ こみあげる気持ち抱いた

世界は広く 知らない事溢れてて

自分さえ見失いそう

だけど君と生きてゆきたいから

とまどいながらでもいい

つないだ手を離さないでね

 

強いオフショア 波を待ってた

中途半端に離れて 流されてゆくよ

進化していく時代(せかい)の中で

同じものを求めて

 

夏の幻

想うだけで胸が熱くなれた奇跡の途中

願うだけじゃ届かぬくらい

こぼれ落ちそうな気持ち抱いた

どうして二人 近づく程

遠く感じて不安になるんだろう

キョリを超えた欲望があふれて

一人 部屋のなかで 君の温もり想う

どんな日にも

瞳閉じて一番最初に君を思い出すよ

いつか終わる儚い生命(ユメ)に

ただ こみあげる気持ち抱いた

忘れないから…

消えゆく命(まぼろし)に 君と並んでいたね

夏の終わり陽射しがゆれてる

海の底のような手のひらの中の街並

I like a dream I’m calling out to you

 

老歌词的歌词……继续以歌述情……